読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2012年マイベストK-POP!ドドンと10曲! ~独断と偏見でしかないよ~

もういくつ寝るとお正月…そんなわけで、2012年も残すところ残りわずか数時間。年末の風物詩である某歌合戦を横目に、ごろりと寝転ぶ家族を尻目に、リビングでパソコンを取り出し、2012年のK-POPを振り返るためにキーボードを叩いています。そうだね、完全なるアウェイだね!

周囲の白い目を無視しながら、否、むしろ快感を覚えながら(!)、早速今年のK-POPベスト10曲を独断と偏見でセレクトしていきたいと思います。さすがにランキングにするのは手間だったので、順不同でお送りします。

EXO「WHAT IS LOVE」

昨年12月末に最初のティーザーが公開され、4月にようやくデビューを晴たした、「ティーザーアイドル」の別称で親しまれている新人グループEXO。

彼らの代表曲である「MAMA」のMVでは、宗教感溢れる秘密結社コンセプトで、アジア中の中二病患者のハートを鷲掴みにしました。しかし私があえてオススメしたいのが、EXOデビュー前に「プロローグシングル」という意味不明な位置づけでお披露目された「WHAT IS LOVE」です。

「WHAT IS LOVE」は、世界的なプロデューサーのテディ・ライリーと、SMオタにはすっかりお馴染みのユ・ヨンジン大先生がコラボして誕生したR&Bソング。第一印象は「地味」、それだけでした。しかし聴くたびに胸に迫り来る切なさとノスタルジー、そして脳裏に浮かんでは消える、秘密基地で過ごした幼少期の記憶、ひやりと冷たい冬の空…気づけば夢中になっていました。もう何度再生したか分からないほどです。知る人ぞ知る名曲でしょう!

それにしても、このMVに出演している美少年たちの素性は未だ分からないまま。EXOであってEXOでない、不思議な彼らは一体誰なのか。私には、今もどこかで彼らが旅を続けているような気がしてなりません。「何かが始まろうとしている」という心地良い予感だけを、私たちの胸に残して…。~2012年最後のポエム、完~

PSY「江南スタイル(GANGNAM STYLE)」

「江南スタイル」は、今年世界中で最も話題になった楽曲だと言っても過言ではありません。ダークホースにすら挙がっていなかった予想外のアーティストが、多くの韓国歌手の夢であった「欧米市場での成功」を、いとも簡単に成し遂げてしまったのです。ブリトニー・スピアーズにダンスを教え、ボン・ジョヴィに「一緒に写真を撮ってくれ」と頼まれ、あのオバマ大統領の前でもパフォーマンスを披露したという時の人、PSY。

率直に言って、私はPSYのファンです。「何でぇ?ただのデブのおっさんじゃん」とのたまう輩は、是非とも屋上に呼び出したい。おい、タイマン張ろうぜ…。根拠無しにdisる前に、まずは彼のインタビューをチェックしていただきたい。オススメはこれこれ。意外に上品な語り口と、類まれなユーモアセンスに驚くはず。

たとえブームが終わっても、世界中が敵に回っても、アタシだけはオッパを応援し続けるから…(重)。

B1A4「おやすみ good night(BABY GOOD NIGHT)」

現在じわじわ人気上昇中の若手アイドル5人組による、軽やかなポップスナンバー。

実はデビュー当時から目をつけていたものの、「絶対ッ…好きになんか…なってやらないんだからッ!」という謎のツンデレ心で、ひたすら避けていたグループが他ならぬB1A4。というのも、私は自他共に認めるSMエンタ信者。他の事務所のアイドルを好きになるなど、決してあってはならないのです…だってそんな…1度忠誠を誓ったイ・スマン先生やヨンミン理事を裏切れるはずなんて…ない…(号泣)。

しかしこの曲、良すぎるだろ…耳心地最高だろ…。しかも作詞作曲がメンバーのジニョンだというのだから驚愕である。いやいや、かといって別にファンになったわけではなく、あくまで楽曲が素晴らしいから聴いているのであって、全然?これっぽっちも?好きとかじゃ?無いし?興味ねーし?ゴンチャン(^ω^)ペロペロ

miss A「男なしでも生きていける(I don't need a man)」

毎日サラリーマンに混じって満員電車に揺られ、メイクがドロドロに落ちる暑い日も、凍えそうに寒い日も、ひたむきに働く現代女性たちにこそ聴いてほしい楽曲。歌詞にもインパクトがあります。

「私は男なしでも生きてゆける/私のお金で家賃を払って食べたいものを買って食べて服も買って/私の車 私の服 私が稼いで買ったものよ/貯金して両親にお小遣いをあげてから買ったの/男を信じて遊んでその男が去ったらどうするの/こんな私が羨ましい?/羨ましいなら負けよ/私は男なしでも生きてゆける/I don’t need a man/I don’t need a man」

そしてやはりスジが可愛い。私の周りの同性には「大して可愛くなくね?」と評されているが、いやそれでも、やはり可愛いんです。なんだかよくわからないが、可愛い。上手く説明できないけど、可愛い。それがスジの魅力。まさしく国民の初恋。

それにしても、お隣の国は「国民の◯◯」というキャッチフレーズを乱用しすぎでは?仕舞いには国民の叔父、国民の従姉妹、国民の曽祖父…と、ビッグダディ顔負けの大家族が形成されそうで怖い。

SHINee「Sherlock (Clue + Note)」

ダラララッダラッ、シャイニイズバック!

2012年はPSYの活躍といい、イ・ハイの華々しいデビューといい、YGの台頭が目立った年でしたが、SMもなかなか手堅く頑張っていましたよ!中でもSHINeeのこのダンスには目を見張るものがありました。東方神起「Catch Me」の中国雑技団顔負けのパフォーマンス然り、SMPの底力を感じたと言うか。

それでも、どことなく、うっすらと、SMの勢いが失速してきつつある気配はあるので(実際YGにブランド価値ランキングで首位を奪われた)、引き続きSHINeeには事務所を引っ張っていってもらいたい限り…ってなんだかチョーエラそうなシメになっちゃったけど、要約するとすなわち「テミンマジ天使」ってことです(雑)。

J.Y. Park「お前だけだ(You're the one)」

J.Y. Park "The Asiansoul"こと、セクゴリこと、パク・ジニョン社長。JYPの顔です。なんだかんだで2012年も彼の音楽には魅了されました。

ところで最近、パク・ジミンやイ・ハイといった次世代の歌姫を輩出したオーディション番組「K-POP STAR」にハマっているのですが、審査員を務めているのがBoA女史と、YGの代表ヤン・ヒョンソクと、セクゴリ社長なんですね。そこで見込みのある若者が舞台に立つたびに、目を細めて、物凄く幸せそうに耳を傾けている社長がただ可愛くて可愛くて、愛くるしいほどなんです。

ハッ…私ったら、ただでさえSMのヨンミン理事萌えで忙しいというのに、今度はJYPにまで手を伸ばそうとしてる!悪い癖よ!

2013年も変わらず、大手事務所の幹部ラインにときめいていきたい所存です。

BoA「Only One」

セクゴリ社長と同じく、「K-POP STAR」で審査員を務めているBoA女史。いやはや好きです、この曲。爽快感抜群!

日本の音楽市場で、長年現地化戦略を貫いてきた彼女だからこそ作り出せた楽曲なのでは?J-POPとK-POPが融合した、洗練された「JK-POP」のような印象。もちろん前作「Hurricane Venus」の迫力も凄かったのですが、こちらの方が断然好み。より等身大のBoAらしさが出ている気がします。

ちなみに歌番組のパフォーマンスでは、東方神起のユノ、SUPER JUNIORのウニョク、SHINeeのテミン、EXO-Kのセフン、EXO-Mのルハンなど、数々のSMの後輩たちとのカップルダンスが繰り広げられていましたね。安定のボアユノも素敵でしたが、新人のEXO組も初々しくて可愛かった…「気丈な姉と尻に敷かれる弟」感全開で無性にキュンキュンした…。

TEEN TOP「To You」

正直TEEN TOPに関しては「爬虫類系の子(ニエルくん)の顔と声が特徴的だな~」という程度の知識しかないのですが、この楽曲はめちゃくちゃクセになりました。

あと、ダンスの揃いっぷりが凄まじいですね。それとやはり、ニエルくんの圧倒的なカリスマ性。一度目にしたら忘れられない存在感。

……そ、それぐらいかな(短っ!)。

BIGBANG「BAD BOY」

2012年は、スンちゃんが日本のバラエティ番組に積極的に進出。そのまま順調に知名度を上げていくのかと思いきや、突如フライデーされた挙句、特殊な性癖をバラされてしまうという衝撃的なオチを迎えました。どこまでも美味しいよ、スンちゃん!

そんなゴシップも有名人には付き物。それよりも何よりも、今年もBIGBANGは良質な楽曲をたくさん世に送り出してくれましたね。「FANTASTIC BABY」「MONSTER」も好きですが、個人的にはメロウな「BAD BOY」がお気に入り。とにかくみんな美声。

私の周囲では「顔以外は全てカッコイイ」ともっぱら大人気のBIGBANG(ひどい)。2013年も注目していきたいグループの1つです。

INFINITE「追撃者(The Chaser)」

現在、お隣の国で勢いに乗っているINFINITE。実際夏に渡韓した際、アイドルファンからフツーの若者に至るまで、あらゆる層に「今韓国で1番人気があるのはどのアイドル?」と聞いてみたところ、「男性アイドルならINFINITEかな?」という答えがかなり多かったです。あくまでも私調べ。

番組観覧でもちらっとパフォーマンスを覗かせてもらいましたが、ファンの熱さも熱狂っぷりも際立っていました。町中でも頻繁に曲が流れていたような気がします。

そしてどうやらこの楽曲、Billboardでも「2012年のベストK-POP」として紹介されていた模様。確かにこの曲に満ち満ちているサーキットを突っ走るかのような疾走感は、他グループには無い音楽性ですよね…って「音楽性」とか言っちゃったぁ、ドヤ顔しちゃった、キャ~ヤダぁどぉしよ~所詮ドルオタなのにぃ~!

いつの間にか2013年を迎えていた…だと?!

と、調子に乗ってキャピキャピしながらパソコンに向かっていたところ、いつの間にか歌合戦も終わり、ジャニーズカウントダウンも終わり、2013年がやって来ておりました。えっ聞いてないって…油断してたじゃん…ちゃんとピンポン押してくれないと…心の準備がまだ…おい、ちょ待てよ!またもやキムタク先輩オチだよ!困ったときこそキムタク先輩頼み!

ちなみにこの記事のためだけにわざわざiPodの再生回数を確認したり、YouTubeでMVを漁ったりしたせいで、思いのほか下準備に時間がかかりました。「ヤダ、年末から正月にかけて何やってんだろ私…」と我に返ったら負けです。そもそも今気づいたところで時既に遅し。後悔先に立たず。2013年こそ、後悔のない日々を過ごしていきたいものですね。

2012年はお世話になりました。ありがとう、そしてありがとう。新年もどうぞよろしくお願いいたします。